ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.07.07 Saturday

サガリバナ Barringtonia racemosa


実習で西表島に行ってきました。
マングローブ林をカヌーで進みサガリバナを見に行くという素敵な授業がありその時に撮影しました。
サガリバナは東南アジアの熱帯・亜熱帯に分布している木で、夜の間に花が咲き、日が昇ってくると花が落ちてしまいます。
この日も朝の4時半出発で見に行きました。
香りがとても強いのでサガリバナが近くで咲いていると、匂いで分かります。
潮が満ちているので地面には落ちず、水面にぽちゃっと落ちて、そのまま浮かんでいます。


良い写真ではありませんが花はこんな感じで垂れ下がり、付け根から花が咲いていくようです。
明け方の薄明かりと、花の良い香りと、水面に浮かぶ花が幻想的でした!
でもカヌーは疲れました。腕が太くなりました。

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
2012.06.10 Sunday

オキナワツノトンボ Suphalomitus okinawaensis


顔面を枝に押し付けているみたいで面白いです。
触角の先の丸い玉もかわいいし、大きな眼もかわいい。
トンボではなくカゲロウの仲間です。
幼虫も、カゲロウの幼虫であるアリジゴクに似ています。
お腹が細いのでオスでしょうか?

今日は沖縄県議会選挙でした。
投票って無意味な感じもしなくはないですがそれでは無責任なんですね。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.06.08 Friday

クロマダラソテツシジミ Chilades pandava


砂利の下の水分を吸っているようです。
細い口吻が見えます。
やっぱりシジミチョウの横顔かわいいですね。
クロマダラソテツシジミの幼虫はソテツを食草とし、また繁殖力が強いためにソテツに大きな被害を与えるということで嫌われています。
分布域もだんだん北上していて、そもそも沖縄にさえいなかったのに今では関西でも発生しているそうです。
大発生さえしなければ、そこまで人間から嫌われる事はなかったかもしれません。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.06.06 Wednesday

ツマベニチョウの蛹 Hebomoia glaucippe


この木に幼虫がいる事はわかっていましたが、黄緑色にまぎれて、なかなか気がつきませんでした。
目と鼻の先にいたのに見えずに探していました。
これからの観察が楽しみです。

先日書いたイワカワシジミの蛹は、台風の影響を受ける事無く無事に羽化していました^^
手を差し出すとちょこちょこっと指に上って来てくれ、写真は撮れませんでしたが嬉しかった〜!


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.06.03 Sunday

イワカワシジミとアミメアリ


イワカワシジミが開けた穴に、アリが出入りしていました。
中をのぞくと実は食べ尽され空洞になっていて、奥に蛹が見えました。
蛹になったら蜜は出さないと思うのですが、なぜアリは随伴し続けるのでしょうか。
今日は台風の影響で結構風が強く、写真を撮るのが大変でした。
他の実にもけっこう幼虫が入っているようでしたが、
クチナシの実は落ちやすいので台風の影響が心配です。。
無事羽化してほしいなぁ。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.05.30 Wednesday

リュウキュウヒメハンミョウ Cylindera humerula


一ヶ月ほど前からリュウキュウヒメハンミョウがたくさん発生しています。
でももうすぐいなくなるそうです。
オキナワハンミョウと違って地味で小さいです。

大きな調査が一旦終わってなんだか脱力してしまっていたので
そろそろ切り替えて撮影も勉強も頑張ろうとおもいます^O^


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.05.29 Tuesday

イシガケチョウ Cyrestis thyodamas


先週はコノハチョウの調査で忙しく、
毎日フィールドに出かけたのに少しも写真が撮れませんでした。
けっこう面白い場面を見かけたんですが調査を中断することもできないので
見て見ぬふりをしました。。
でも良い調査が出来ました^^

写真は死んだイシガケチョウです。
何かに踏まれたのか、後翅が千切れて少しつぶれています。
そういえばタテハチョウ科の蝶は前脚が退化して、感覚器官として機能していることが知られていますが
あの短いくていつも折り畳まれた脚が伸びたところをまだ見た事がありません。
食草や蜜の味を調べる時に、伸ばして触ったりするのかな。
観察して写真に撮ってみたいです。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.05.20 Sunday

オオゴマダラの蛹 Idea leuconoe


金色の蛹に水滴がついていました。
蛹になりたての時は黄色ですが、だんだんと金色に熟成されていきます。
自然にこんな色が作られるって本当にすごい。
無事に羽化できるといいですね。
羽化の様子も見たいです。
そして今日はすごい雨です。
今年の梅雨は陽性の梅雨だそうで、
降る時には一気に降って、カラッと晴れる日もあります。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.05.17 Thursday

イシガケチョウ Cyrestis thyodamas


とっても晴れた日に、イシガケチョウが日光浴していました。
葉っぱに写っているシルエットがきれいでした。
沖縄には、いたるところにすてきな自然がいっぱいあります。

15日は沖縄本土復帰40周年でした。
騒音や高江のヘリパッド、オスプレイ配備、米兵による犯罪など基地に関して様々な問題があり
反対デモや集会がたくさん行われています。
でも私は沖縄にきて5年目ですが、それについて考えた時間も知識も少なくて、自分の意見を決められません。
基地問題は沖縄にとってマイナスの面が沢山あり、それとともに戦争の記憶もあります。
沖縄には日本の基地の74%が集中していて、その数字を見ると負担の大きさに改めて気がつきます。
戦闘機の騒音は本当に大きくて怖いです。
でも実際に基地が無くなったら経済的にどうなってしまうのか
沖縄とアメリカの文化が融合して面白いと思う部分も沢山あるし、
アメリカ人と結婚している沖縄の人も沢山います。
これは少し違うのかも知れませんが。
私には、沖縄独自の文化や自然を大切にしつつも、沖縄の中に基地やアメリカの文化が
もうすでにとけ込んで、一つになりつつあるように見えます。
反対する人も、順応してその中で楽しんで生活している人も多い気がします。
そういう意識がそもそもダメなんでしょうか。
単純に基地反対、アメリカ人が嫌い、という意見を聞くとしっくり来ない部分もあります。
だからといって賛成とか、流れに身を任せるだけというのも違います。
でも、一人一人が考える事が大切なんですね。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.05.14 Monday

アオミオカタニシ Leptopoma nitidum


きれいな薄緑色の陸生のタニシです。
自分の蓋が座布団みたい。
殻は透明で中身が緑色なので、殻の入り口あたりは透明です。
この写真では見えませんが触角もふにゃんとしていて可愛いです。
沖縄では比較的よく見られますが、奄美などでは絶滅してしまったようです。
明日から一週間、沖縄は雨続きの予報なので、喜んでるかもしれませんね。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
Powered by
30days Album
PR