ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オキナワツノトンボ Suphalomitus okinawaensis | main | アオスジコシブトハナバチ Amegilla subflavescens >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.07.07 Saturday

サガリバナ Barringtonia racemosa


実習で西表島に行ってきました。
マングローブ林をカヌーで進みサガリバナを見に行くという素敵な授業がありその時に撮影しました。
サガリバナは東南アジアの熱帯・亜熱帯に分布している木で、夜の間に花が咲き、日が昇ってくると花が落ちてしまいます。
この日も朝の4時半出発で見に行きました。
香りがとても強いのでサガリバナが近くで咲いていると、匂いで分かります。
潮が満ちているので地面には落ちず、水面にぽちゃっと落ちて、そのまま浮かんでいます。


良い写真ではありませんが花はこんな感じで垂れ下がり、付け根から花が咲いていくようです。
明け方の薄明かりと、花の良い香りと、水面に浮かぶ花が幻想的でした!
でもカヌーは疲れました。腕が太くなりました。

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
やはりサガリバナは、水面に散った花が綺麗ですね。
YUJIさん
ほんときれいでした!もっと沢山散っている所も、みたかったです。
  • ももこ
  • 2012.07.13 Friday 11:11
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR