ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アオミオカタニシ Leptopoma nitidum | main | オオゴマダラの蛹 Idea leuconoe >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.05.17 Thursday

イシガケチョウ Cyrestis thyodamas


とっても晴れた日に、イシガケチョウが日光浴していました。
葉っぱに写っているシルエットがきれいでした。
沖縄には、いたるところにすてきな自然がいっぱいあります。

15日は沖縄本土復帰40周年でした。
騒音や高江のヘリパッド、オスプレイ配備、米兵による犯罪など基地に関して様々な問題があり
反対デモや集会がたくさん行われています。
でも私は沖縄にきて5年目ですが、それについて考えた時間も知識も少なくて、自分の意見を決められません。
基地問題は沖縄にとってマイナスの面が沢山あり、それとともに戦争の記憶もあります。
沖縄には日本の基地の74%が集中していて、その数字を見ると負担の大きさに改めて気がつきます。
戦闘機の騒音は本当に大きくて怖いです。
でも実際に基地が無くなったら経済的にどうなってしまうのか
沖縄とアメリカの文化が融合して面白いと思う部分も沢山あるし、
アメリカ人と結婚している沖縄の人も沢山います。
これは少し違うのかも知れませんが。
私には、沖縄独自の文化や自然を大切にしつつも、沖縄の中に基地やアメリカの文化が
もうすでにとけ込んで、一つになりつつあるように見えます。
反対する人も、順応してその中で楽しんで生活している人も多い気がします。
そういう意識がそもそもダメなんでしょうか。
単純に基地反対、アメリカ人が嫌い、という意見を聞くとしっくり来ない部分もあります。
だからといって賛成とか、流れに身を任せるだけというのも違います。
でも、一人一人が考える事が大切なんですね。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
こんばんは
これは素敵な写真ですね。チョウの形が綺麗に出ていますね。

基地問題はいろいろ難しいですね。
私のように旅行だけで訪れ、住んでもいない者がどうこう意見を述べてはいけないような気もしますが。

自然環境的に見ると、アメリカから土地が返還されてすぐに、森が赤土のはげ山になってきた事実。
今現在、水源から河口まで手付かずの川は、アメリカ軍演習場の中にだけ残っているという事実。
このようなお話だけ耳にすると、なんとも言えなくなってしまいます。

嘉手納弾薬庫地区などは、湿地が基地によって保護されている皮肉な例の典型で、もしかしたらヒメフチトリゲンゴロウなんかがうようよいるんじゃないかな。
沖縄の経済は基地に依存しているように見えて、実際はあまり影響がないという見解もあります。
しかし実際のところは桃子が言ったように、文化などの側面に対して、与えた影響が多大でしょう。
もし、安易に基地の存在を認可したら、命が脅かされている(可能性のある)付近住民の方に対して、配慮が欠けているとも捉えられかねないですし、複雑な問題です。
  • Ryo
  • 2012.05.26 Saturday 16:48
アヤヨシさん
でも基地問題は日本の問題ですよね。
移設先の基地の受け入れとか、拒否するのは当たり前なのかもしれませんが
沖縄に直接関わった事が無い人にも関係はあると思います。
基地の中のほうが、自然がそのまま残っているなんて、あまり知らなかったです。
それだけですごい価値ができてしましますね。

Ryoさん
そうなんだ!
基地が原因で自然が壊されたり守られたりしてるんだね。
もうどうすればいいかわからなくなるね!

  • ももこ
  • 2012.05.29 Tuesday 01:25
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR