ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スミナガシ Dichorragia nesimachus | main | ベニモンアゲハ Pachliopta aristrochiae >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.21 Friday

リュウキュウコノハズク Otus elegans



久しぶりの夜の森は、コノハズク尽くしでした。
一晩でリュウキュウコノハズク4羽、リュウキュウオオコノハズク1羽に会えました。
写真の2羽は別個体です。
暗い森の中で少し怖くても、コノハズク達の鳴き声を聞くとホッとした気分になれます。
やさしくて、面白い鳴き声です。
やっぱりふくろうだから、飛び立つ時も枝に止まる時も、音がきこえません。
羽音もなければ、木の葉が揺れる音も聞き取れないです。
一瞬目を離すと消えたようにいなくなっていて、さすがという感じです。
意外と、近くの公園なんかにもいて、やんばるまで行かなくても出会えます。
離島では、いるのが普通だったりするんでしょうね〜
やっぱり沖縄ってすごい。
逆にそのような自然豊かな環境で育った子供達が都会へ行ったりすると、
生き物の少なさに驚くのかな。
そういえば私も、近所でカタツムリがいたらすごく驚いてました。笑

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
違いがわからん。すごいな!
  • 2011.10.21 Friday 22:22
よく耳を澄ませば意外といろいろな場所で鳴き声聞こえるよね。
羽音が全然しないなんてさすがは夜のハンターだね。
あと今の時期はあちこちでサシバを見かけるから、今度撮影にチャレンジしてみて(^−^)
  • Ryo
  • 2011.10.22 Saturday 10:13
私もヤンバルに夜間観察に行ったりしますが、この子は撮影できていません。
先日、カエル御三家を見ようと行ったものの、見れずじまい。
しかし、初めてリュウキュウヤマガメを見ることができました。それも2か所で見たのです。
そのうち1か所は、マングース侵入防止フェンスと側溝に挟まれ、孤立した状態でした。
つまり、ヤマガメが側溝に落ちてスロープを這い上がったものの、そこにはフェンスがあって行き場がないという状況だったのです。
撮影の後、フェンスの向こう側に放しました。
翌日、県の自然保護課に行き、私が発案した改善策を説明しました。彼らも私の案に前向きのようでした。
ちょっと横道にそれてしまいました。
私の場合、夜間観察は今のところ満足のいく結果が出ていません。
ハブが怖い? 度胸がないかも。

  • Rオシドリ
  • 2011.10.22 Saturday 15:18
良い写真ですね。
私も先月やんばるの森に行ったのですが、スコールすらない完全な晴れが続いていたためか、生き物があまり出てきてくれませんでした。出てきてくれたのはヘビぐらいでしたよ。
翔さん
なんの違い!?

Ryoさん
サシバは何度か撮ろうとしてるけど、近づけなくていいのが撮れない><
電線とかにも止まってるのに、あいつらすぐ逃げる!笑

Rオシドリさん
そんなことがあったんですね〜!!生き物の立場になってみないと、気がつかない事って沢山ありますね。
その後、対策がとれるといいですが。
私はまだヤマガメに縁がないのではやく会いたいです。

アヤヨシさん
そういう夜の、すごく残念な気持ちがよくわかります。笑
ヘビは、よく車に引かれているのを目撃します…
夜の林道も、注意して走らないといけませんね。
  • ももこ
  • 2011.10.24 Monday 15:36
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR