ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クロセセリ Notocrypta curvifascia | main | ブログ再開! >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.07 Thursday

オキナワツノトンボ Suphalomitus okinawensis


名前にトンボと付くけれどトンボの仲間ではなく、ウスバカゲロウの仲間です。
トンボも自分たちの仲間だと間違えそうですが
長い触角があるので宇宙人(宇宙トンボ)的なものととらえると思います。
触角かわいいですね!

そしてよく見ると…枝に止まったまま死んでいました。
バッタやトンボの仲間が、何かに掴まったまま死んでいるのを見かけることがあります。
これは寿命なのでしょうか?
それとも何かの菌や寄生虫に侵されて
動けなくなったか、自分の意志とは無関係にこの場所へ止まり死んだ(殺された)のでしょうか?
バッタでは菌糸の話は聞きますがこのツノトンボでもそれがおこっているのでしょうかね〜?

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
オキナワツノトンボ
まだ2回しか見た事ありません。
最後に見た個体もこうやって草にとまっていて
延々とピッタリ近づいて撮っていたのですが
ビクともせず。。。
もしかしたら、それも死んでいたのかも
確認してみればよかった〜。
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR