ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セイヨウミツバチの巣 Apis mellifera | main | コノハチョウ Kallima inachus >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.08 Wednesday

裸の森

 
ここはいつも通っている、やんばるの風景とは違います。
でもやんばるの森の中の、ある場所です。
きれいに丸裸ですね。ここにいた生き物たちは、どこに行ったんだろう。
木を切った人達が、悪いのでしょうか?それを命じた人が悪い?その木を使う人が悪い?
人が生きるために、必要な事をしたまで。
だれも悪くないと思います。
でもそんなとき、人間って自分本位だなと思うのです。
ここで暮らしていた生き物は、人間を恨むのでしょうか。
森を削った私たち人間は、その生き物の事を考えた事があるのでしょうか。
他の生き物よりも力を持っている人間がこうすることは、弱肉強食だから当たり前なのでしょうか。

この裸になった土地が、はやく元にもどるための技術や知識を、大学で学びました。
そうやって環境のことを考えたり、実行することはとても大切です。
それは研究者や環境保全団体でなくても、直接関係がなくても、
知る事、考える事は必要だと思っています。
実際に生きている動物や昆虫を知れば、考えが変わるかもしれない。
いろんな人に、生き物の事を知ってもらいたくて始めた写真。
誰かに伝わると嬉しいです。

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR