ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 羽化に失敗したイシガケチョウ Cyrestis thyodamas | main | ケナガネズミの巣? Diplothrix legata >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.01 Wednesday

オキナワヤマタニシとヤンバルマイマイ


こちらはオキナワヤマタニシ。
一般的にカタツムリと言われる陸生貝類と少し違い、触角が一対で眼がその根元にあり、殻口を塞ぐための蓋があります。
また雌雄異体です。
陸にいるのでカタツムリと呼べますが、タニシに近い仲間です。
触角の動きがその他のカタツムリよりも柔らかく、ふにゃふにゃしているところが好きです^^
眼もかわいい!


こちらはヤンバルマイマイ。
やんばるの森だけに生息する、日本最大のカタツムリです。
環境省RDBでは絶滅危惧II類。
写真を見比べると、両者の形態の違いがわかると思います。
でもどちらもかわいいですね!

 JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
こんばんは
こうやって比べてみると、違いがはっきり解かりますね。
今までに見かけていても、みんなカタツムリだと思って見過ごしていそうです。
アヤヨシさん
カタツムリはたくさんいすぎて、あまり目をとめる機会がないですよね。
熱帯にいるカラフルな体色の種類なんかは別でしょうけども。
ああゆうのも見てみたいです。
  • ももこ
  • 2011.06.05 Sunday 16:20
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR