ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.04.02 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.12.11 Tuesday

かわいいミノ


石をめくると、マダラマルハヒラズコガの幼虫がいっぱいいました。
キノコみたいです。
集まって寒さをしのいでいたのでしょうか?
そういえば集団越冬の理由は、集まった方が暖かいからなんでしょうか?
でもテントウムシとかカメムシとかなら穴の中で沢山集まった方が一匹でいるより暖かそうですが、リュウキュウアサギマダラなんかは集まっても全然暖かそうじゃない。
みんな一緒のほうが安心するからかな。
人間は、集まった方が安心する生き物ですね。
この幼虫、大きさがマチマチなので並べるとマトリョーシカみたいになりそうです。
今度みつけたらやってみよう(^o^)

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.08.23 Thursday

マダラマルハヒラズコガ Gaphara conspersa


最近見た面白い虫!
しっぽが飛び出たタヌキみたいです。
しっぽに見える部分はちょっと顔を出した蛾の幼虫で、ひょうたん型の蓑を作って隠れているそうです。
幼虫の頭は蓑の淵の色んな場所から出す事が出来るようで、引っ込んだと思ったら違う所から頭が出て来て見てると楽しいです。

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2012.05.09 Wednesday

イヌビワオオハマキモドキ Saptha divitiosa


今までは一匹ずつでしか見た事がありませんでしたが、この時はこの白い花に沢山来ていました。
花の名前がわかりませんがつる性の植物で、他にも色んなチョウやガが吸蜜に来てました。
前を通るとほんのり良い香りです。

もうイジュも沢山白い花をつけていてとてもきれいですね。
思いがけず花の良い香りを感じるのは好きです。


JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
2011.10.30 Sunday

イヌビワオオハマキモドキ Saptha divitiosa


日中活動する昼飛性のガには、翅がキレイに光ったり美しい模様を持つものが多く、このガもその一つです。
前にも書きましたが、私が一番気に入っているのは眼なんですけども^^
国内では西表島や石垣島、小浜島などの八重山諸島に生息しているようですが、沖縄本島でも目撃情報は多いみたいです。
私も本島で見たのは2回めです。
成虫の出現時期はもうそろそろ終わるころでしょうか?

キレイなガと言えばサツマニシキですが、こちらももう終わりの時期ですね。
今年も見れませんでした。あまり山に行かなかったから、仕方ないですけど…
寒くなる前に、姿を見せてほしいです!

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
2011.06.29 Wednesday

イヌビワオオハマキモドキ Saptha divitiosa



前翅長8ミリほどの小さなガ。
小さいと思ったけれど、このハマキモドキガ科の仲間では日本最大なのだそうです。
メタリックカラーがとてもキレイで模様もおしゃれな気がします。
そしてなによりマンガチックな眼がツボです。
念じていたら話が出来そうと思わせる眼。
人間以外の生き物と話がしたいという小さい頃からの夢はまだまだ健在です!
もちろん自分が痛い子だということは、一番わかっていますよ^^笑

JUGEMテーマ:写真
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
2011.01.11 Tuesday

スカシエダシャク 



初めて見て驚いたのですが、けっこういるんですね。
翅がスケスケです!後ろの葉の色がそのまま見えて、こういう色の翅のようですが透明です。
残念ながらすぐにいなくなってしまい、撮れたのはこの1枚だけでした。。
少しピンボケです。

JUGEMテーマ:写真

2010.11.19 Friday

モンシロモドキ

 





昼行性のヒトリガの仲間です。
飛んでいる姿がモンシロチョウに見えることからこの和名がつけられたようです。
写真では翅を閉じてとまっているためそう見えないかもしれませんが、
撮影時には私も一瞬小さなモンシロチョウに見えて、え!?となりました!
やはり昼行性のガはきれいです。

今週のやんばるは曇り空で気温も低く、風も強かった為かほとんど撮影のチャンスがありませんでした…。
こういう時もあるとは思いますが、来週はぜひとも晴れて欲しいです!!

JUGEMテーマ:写真
2010.11.06 Saturday

サビモンルリオビクチバ

この記事は、オオルリオビクチバとして10月5日に投稿しましたが、
11月5日にブログを見てくださった方から、サビモンルリオビクチバではないか。
との指摘をいただき、確認したところその通りでしたので修正しました。
サビモンルリオビクチバは数が少なく、日本では西表島と奄美大島のみに生息とされていましたが、
それは図鑑などに記録されていなかっただけで、これまでも沖縄島に分布していたとのことです。
今になって、思いがけずラッキーな発見でした♪

以下は以前投稿した内容となっております。


10月に入り、明日からは授業が始まります。
2日、3日には大学祭があり、大きなイベントで夏休みも終了という感じです
沖縄も最近は朝晩肌寒くなってきました。もう秋ですね
私は昆虫学のゼミに所属していますが、そろそろ卒論のテーマを考えなければなりません。
コノハチョウをやってみたいけど、難しいテーマだし上手くいくかな…
何をやるにしろ、撮影と共にできるテーマにしたいです




写真は以前やんばるで撮影したオオルリオビクチバです。
イヌビワの実の汁を吸っています。
暗闇の中で正面からライトを当てると、体の茶色の部分は地面の色にまじり、眼だけが赤く光ります。
翅にはるり色の帯があり、まさに見たままの和名となっています。

JUGEMテーマ:写真
2010.11.04 Thursday

オキナワルリチラシ

 お久しぶりです。前回の更新から10日ほどたってしまいました。
天候と予定が合わず、2週間も撮影へ行けず、もどかしい毎日を過ごしていました。
ですが今週はいい天気で、やっとブログも再開できます!!
今まで見てくださっていた方、またのぞきに来て頂ければ嬉しいです。





11月最初の写真は、交尾中のオキナワルリチラシです。
マダラガ科のガは、一般的なガの粉っぽいイメージとは違うように思います。
同じくマダラガ科のサツマニシキも、今非常に見てみたい昆虫の一つです。
時期的にもう見れないかもと思っていたのですが、まだいたようです。今年の夏が長かったせいでしょうか。
上列の左の写真はピントをメスに、右の写真はオスにあわせて撮りました。
そしてこのカップルは、とうてい背の届かない高いところにいたので、私は生まれて初めて車の屋根に上りました。

JUGEMテーマ:写真
Powered by
30days Album
PR